ガチャガチャの変化

ガチャガチャといえば、硬貨を入れてレバーを回転させると、その中から景品が出てくるという、今では至るところで見かけるようになった販売機のひとつです。これは昔と比べるとかなり変化してきているところがあります。当サイトではこの、ガチャガチャの変化について紹介していきます。

 

ガチャガチャが登場した当時は、海外のガムボールが出てくるようないたってシンプルなタイプでした。しかし次第に消しゴムなどが景品として取り扱われるようになったり、キン消しというものも増えてきたりしました。中にはおもちゃの景品のシリーズを集めて、コレクションされるという事も多くありました。今では中身がガラリと変わり、今人気のアニメや特撮を取り入れたものから、ユーモアのある景品で興味を引くなど、大きく景品のタイプが変わってきています。

 

また、それらのような一般的なガチャガチャとは別に、ご当地や地域限定などのガチャガチャも見られるようになっています。これはお土産売り場などに設置されていたり、あるいは動物園の中に専用のガチャガチャがあったりするなど様々です。簡単に遊べて、記念になるものを購入する事ができるので、旅行の際にガチャガチャをされる事も決して珍しい事ではなくなってきています。子供から大人まで、幅広く人気があるのが、今のガチャガチャといえるでしょう。

 

関連資料:ガチャガチャ・カプセルトイ・空カプセル通販専門【あミューズ】